皐月文庫

電車道

管理番号312
最新(1週間以内)
最終更新日2020年8月12日
小説 17

電車道

磯﨑憲一郎

我慢のならなかった薬屋の男と選挙に落選し後に電鉄会社を興す男二人の生き様を軸に、ただの集落であったある町のおよそ100年に及ぶ変遷を丁寧に紡いだ物語。大震災や戦争、その後にあった高度経済成長など、近現代の日本に起こった様々な事件を背景に、鉄道と町、鉄道と人など、社会のインフラとしての鉄道の役割、それに関わる人間社会の変容などが壮大なスケール感で描かれている。

例えば「A列車で行こう」という鉄道を軸にした都市開発系のゲーム(1985~)があるが、ご存知の方には「ああ、なるほどそういう話ね」と思われるかもしれない。二人の男のうち、電鉄会社を興した男はプレイヤーであり、元薬屋の男は町を作る前に既に居たNPCというような図式だ。

鉄道の歴史。それも国家としての一大事業ではなく、今日で言う私鉄のそれ。小さな思惑がやがて国家の在り様も変えていくようなそういう単純なお話ではなく、鉄道という「道」の存在をベースにしながらも、二人の男の人間臭い個人の物語を丹念に積み重ねて、また彼らと彼らの思いが受け継がれていくことによって社会がどのように変容していったか、ここにこの物語の面白さ、特異性があるように思う。鉄路がレールの一本一本で繋がれているように、大きな世界と小さな視点をうまい具合に融合させてバランスよく時間を流す、この仕掛けこそ本作品の真髄と言ってもいいかもしれない。

内容を理解するには別の知識が必要か

特になし。

読み易さについて

問題なし。

誰にでもお薦めできる内容か

読む人を選ばず誰にでも楽しめる。

関連作品
最新(一ヶ月以内)
最終更新日2020年11月9日
漫画 3

Spirit of Wonder

鶴田謙二

漫画 20

乱と灰色の世界

入江亜季

漫画 16

たそがれたかこ

入江喜和

漫画 2

イエスタデイをうたって

冬目景

漫画 1

群青学舎

入江亜季

漫画 5

岡崎に捧ぐ

山本さほ