皐月文庫

ひとりぼっちの地球侵略

管理番号276
最新(1週間以内)
最終更新日2020年8月12日
漫画 15

ひとりぼっちの地球侵略

小川麻衣子

高校生になったばかりの「広瀬岬一(こういち)」は変わり者の先輩「大島翠」から「二人で一緒にこの星を征服しましょう」と告げられる。通っている学校の、住んでいる街の事件はいつしか宇宙全体を巻き込む壮大なストーリーへと発展していく。全15巻。

もはや「王道」というものが何なのかよく分からなくなってしまった。努力・勇気・根性(並びはこれで合ってるのかな)だとかもうね、という。それでもこの作品は世の少年が心弾ませるような英雄譚ではない気がする。女の子との恋愛コメディ的な要素もほぼないし、妙に凝った設定を解説することもない。ではこの作品の魅力とは何なのかと考えれば、可愛らしいのに何処か哀愁さえ感じさせる絵柄と間の取り方が絶妙な隙のないストーリー運びにあるのではないか。つまり妙に洗練されているのだ。結果「少年はそして青年となる」というフレーズがしっくりくる大人な終幕を迎える。これは僕の知っている少年漫画とは言い難い。ベクトルの違う、良くデザインされたオシャレな漫画なのである。

少年誌系の漫画を読むことはもうほとんどない。それでもどうやら後学のため、読み続けることによって見えてくる何か(少年の心とでもいうような)に期待しているフシがあるらしい。

内容を理解するには別の知識が必要か

特になし。

読み易さについて

問題なし。

誰にでもお薦めできる内容か

「絵の上手さ」というのは読み手によって様々だろうし、勿論僕にもそれを論じることなんか出来ないんだけど率直に言えば「上手い」と思うのです。破綻のない描線、コマ割り、そこにある視線の誘導などなど、それは誰が読んでも楽しめるという点で良い方向に作用しているという印象です。

関連作品
最新(一ヶ月以内)
最終更新日2020年11月9日
その他 3

コメット

鶴田謙二

漫画 24

水は海に向かって流れる

田島列島

小説 27

高架線

滝口悠生

漫画 12

茄子

黒田硫黄

その他 4

猫と針

恩田陸

漫画 30

スインギンドラゴンタイガーブギ

灰田高鴻