皐月文庫

オートフィクション

管理番号196
最新(1週間以内)
最終更新日2020年8月12日
小説 12

オートフィクション

金原ひとみ

作家の「リン」はある時担当編集者の「品川」から「自伝的創作」の執筆依頼を受ける。現在から過去へ、唐突に走り始める世界。だがそれは真実なのか、それとも虚構なのか、それら虚実の歯車が高速でかみ合うような疾走感で紡がれていくミステリアスな物語。

デビュー作の芥川賞受賞作品「蛇にピアス」には腰を抜かすほどの衝撃を覚えたが、総じて緊張と不安と相反する開放感あるいは快感に近いもの、その感情の振幅に酔ってしまうようなそういう感覚を受けてしまう。次から次へと溢れ出てくるような、言葉と感情ががっちりと融合した世界。

本作においても主人公「リン」と彼女のフィルターを通して描かれる登場人物たちの生き様のようなもの、例えば単純な会話にしろ、その中の言葉遣いや仕草の描写も含めて、上部の苛烈さを強調しながら、どこか煙に巻きつつも「生きる」あるいは「生きていく」という本質めいたテーマを一切外さないその芯の強さは変わらない。

今読んでいる箇所は果たして「本当」のことなんだろうか、いや小説に「本当」ってなんだ? この緊張感の中で前述の苛烈さや爆走っぷりを持ってさらに曖昧さが増幅され、実はいつのまにか作家の仕掛けた「孔明の罠」にハマっているんじゃないかとそんなふうに勘繰ってもいるのだ。

内容を理解するには別の知識が必要か

特になし。

読み易さについて

分かりにくさはないがとにかくこのスピード感、言葉の応酬に読みにくさを感じる方はいるかもしれない。

誰にでもお薦めできる内容か

読みなれていない方にはちょっと厳しいか、だが挑むべき作家、物語のひとつと言っておく。

出版社
関連作品
最新(一ヶ月以内)
最終更新日2020年11月9日
小説 21

小説ヤマト運輸

高杉良

漫画 12

茄子

黒田硫黄

小説 7

彗星物語

宮本輝

小説 27

高架線

滝口悠生

小説 20

海の仙人

絲山秋子

小説 2

とにかくうちに帰ります

津村記久子